借入金の適正額

借入金の適正額

 すべて

よく、「いくらまで借入できますか?」

と聞かれることがあります。

 

会社の状況によってまちまちなので、何とも言えませんが、

借入金の目安としては、

「月商の2~3か月分」

といえます。

 

銀行も、借入残高が月商の3か月分以内であれば借入規模は正常と判断し、

それを超えると多い、6か月分以上だと過大、

と判断されるようです。

 

会社にとって、お金は人間でいう血液と一緒で、

血が止まったら死んでしまいますから、

お金も無くなってしまうと、会社も死んでしまいます。

したがって、生き続けるために、借入をして、

血液を常に循環するようにしなければなりません。

そのために、粉飾してしまう事例もあります。

ただ、粉飾決算ということは、実態を偽っているわけですから、

粉飾した決算書を信じて貸した銀行からみると、だまされたことになります。

従いまして、粉飾決算が発覚すると、当然新たな融資はできませんし、

場合によっては既存の融資の返済を要求されます。

さらに悪質な場合は、民事訴訟、刑事告発、というケースもありえます。

 

そうならないためにも、借入のバランスを見ながら、

できれば借り入れに頼らないキャッシュフロー経営をしていきたいですね。

私たちもそうなるように、様々な角度から分析してご提案できるよう頑張ります!

 

借入の相談ならお任せ下さい!

ちなみに、最近ダイエットして、現在はちょっと痩せました(笑)

by高木

 

東京都千代田区市ヶ谷の税理士事務所

税理士法人九段会計事務所 矢合

お困りなことはございませんか?
お困りなことはございませんか? お気軽にご相談ください