電子帳簿保存法改正への準備はお済みですか?
電子帳簿保存法改正への準備はお済みですか?

まだ何も準備をされていない方。
これを機にクラウド会計の導入をしたい方。
九段会計事務所にお任せください!

ご注意ください

バックアップシステムのあるサーバーや、クラウドシステム等の導入

2022年1月1日より、電子取引により受領した資料については、例外なく、紙ではなくデータで、かつ一定のルールの基で保存しなければなりません。
データが原本になるため、ローカルPCにしかデータを保存していない場合は、PCが壊れてデータが失われると、過去の取引を証明できなくなってしまいます。

それを防ぐためのバックアップシステムのあるサーバーや、クラウドシステム等の導入の検討が必要となります。

電子帳簿保存法の概要

電子帳簿保存法の概要

「電子取引」とは、取引情報(取引に関して受領し、又は交付する注文書、契約書、送り状、領収書、見積書その他これらに準ずる書類に通常記載される事項)の授受を電磁的方式により行う取引をいいます。(電子帳簿保存法 第2条第6項)

例えば、メールで請求書を受け取った場合

例えば、メールで請求書を受け取った場合

メールの添付ファイルで請求書をPDF等で受領した場合には、そのPDF等について保存しなればなりません。その場合、検索機能要件を充足するような形でファイル名やフォルダ名を付ける必要があります。

また、真実性可視性を確保するための要件を満たす必要があります。

これらの要件を満たさず保存している場合や、書面等に出力して保存している場合には、保存義務を果たしていることにはならず、青色申告の承認の取消の対象となり得ますのでご注意ください。

例えば、メールで請求書を受け取った場合

電子取引の保存要件

「真実性」の要件

「真実性」の要件

以下1~4のうち、いずれかに対応すること。

  1. タイムスタンプが付された後、取引情報の授受を行う
  2. 取引情報の授受後、速やかに(又はその業務の処理に係る通常の期間を経過した後、速やかに)タイムスタンプを付すとともに、保存を行うもの又は監督者に関する情報を確認できるようにしておく
  3. 記録事項の訂正・削除を行った場合に、これらの事実及び内容を確認できるシステム又は記録事項の訂正・削除を行うことができないシステムで取引情報の授受及び保存を行う
  4. 正当な理由がない訂正・削除の防止に関する事務処理規程を定め、その規程に沿った運用を行う
「可視性」の要件

「可視性」の要件

以下の全てを満たすこと

  1. 保存場所に、電子計算機(パソコン等)、プログラム、ディスプレイ、プリンタ及びこれらの操作マニュアルを備え付け、画面・書面に整然とした形式及び明瞭な状態で速やかに出力できるようにしておくこと
  2. 電子計算機処理システムの概要書を備えつけること
  3. 検索機能を確保すること

誰かに相談したい!と思っても…

国税庁のページを見ても長文の羅列でよくわからない

国税庁のページを見ても
長文の羅列でよくわからない

税理士に聞いてみても、明確な答えが返ってこない

税理士に聞いてみても
明確な答えが返ってこない

これを機にクラウド会計を導入したいと思ったが、顧問税理士がサポートしてくれない

これを機に
クラウド会計を導入したいと思ったが
顧問税理士がサポートしてくれない

そこで!
九段会計事務所にお任せください!

九段会計事務所ではお客様に寄り添った電子取引の保存方法を一緒に考えてまいります。
また、豊富なクラウド会計の導入実績があるので、会計システムの乗り換えにもご相談に乗っております!

1

お客様ごとに寄り添った対応

お客様ごとに寄り添った対応

お客様ごとに改正に向けた対応をご提案いたします。

2

豊富なクラウド会計の導入実績

豊富なクラウド会計の導入実績

クラウド会計への乗り換えにも対応!freeeの認定アドバイザー、MFクラウド会計の公認メンバーとして多数の導入支援を行っております。

3

安心のサポート体制:電話でのサポートやマニュアルのご提供により安心してご利用いただけます。

安心のサポート体制

電話でのサポートやマニュアルのご提供により安心してご利用いただけます。

九段会計事務所では
このような対応をしています

お客様の声

もともとパソコンに対して苦手意識がありました。今回の改正についても対応しなければと思いながらも国税庁の長い文章は読む気になれず…。
九段会計事務所さんには今回の改正点をわかりやすく解説していただいた後に、弊社で対象となる電子取引をピックアップしていただき、要件を満たした保存方法を一緒に考えていただきました。
改正の話を聞いたときは不安でいっぱいでしたが、今では安心して来年の改正を迎えることができそうです!

お客様から

お客様の声

社長と奥様のお二人で経営されているお客様です。
今回の改正が本業の負担にならないよう、業務を大きく変更することなく、仕組みを一緒に考えることができました。

担当者より

お客様の声

今回の電子取引の義務化を契機に、会計システムをクラウド会計に刷新することを決意!九段会計事務所さんにはクラウド会計の導入で大変お世話になりました。電子帳簿保存法については電子取引の義務化への対応だけでなく、緩和された国税関係書類のスキャナ保存についてもレクチャーをしてもらっています。ゆくゆくは紙の領収書を全て廃棄できるようにしたいと思っています!

お客様から

お客様の声

既存の会計システムをクラウド会計にするにあたり、業務フローの見直しから一緒に行わせて頂きました。時間はかかりましたが、以前より格段に速く経営状況がわかるようになりました。

担当者より

料金・サービスご利用の流れ

1

電話かメールで
お問い合わせください

2

初回ヒアリングを
実施します

3

月額顧問として
ご契約いたします

4

サポート開始
追加料金は不要です

ご相談は無料です
お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください
お困りなことはございませんか?
お困りなことはございませんか? お気軽にご相談ください